MENU

乾燥肌なのに・・・。肌がテカるのは、どうして?

乾燥肌だけど皮脂が多く肌がてかっているという人はインナードライの可能性が考えられます。

 

インナードライは言葉の通り肌の内側が乾燥している状態で、角質層は油分が多いため見た目には乾燥しているとは感じません。

 

皮脂によって肌表面がしっといしているのであれば特に問題は無いと考える人もいるかもしれませんが、内側が乾燥している状態のインナードライは放っておくとどんどん肌が老化していってしまいますから、エイジングケアにおいてはしっかりと正しい対処をしていかなければならないものなのです。

 

肌の内側が乾燥している状態というのは様々なバランスが崩れやすい状態にあり、さらに様々な刺激に対してもダメージを受けやすくなっています。

 

シミ、そばかす、しわ、たるみなどが起きやすく、放っておけば肌年齢はどんどん衰えていきます。

 

インナードライであることをきちんと自覚し必要なケアを行わないと他のどのようなスキンケアもなかなか効果を発揮しませんので、乾燥しているのにテカるという人の場合自分がインナードライであることを疑ってみましょう。

 

インナードライを改善するためには皮脂の分泌を抑える、肌の保湿をしっかり行うことが大切です。

 

保湿は化粧水などで補えますが、皮脂量を抑えることについてはケアをしすぎないということが大切になってきます。

 

皮脂を抑えるとなると洗顔、あぶらとり紙、てかりよう拭き取りシートなどを熱心に利用したくなりますが、意図して皮脂を取り過ぎることは逆効果になるので気をつけてください。

 

良かれと思って行ったケアのせいでかえって分泌量をアップさせてしまうことになります。

 

皮脂を抑えるためには肌自身に今の皮脂分泌量が多すぎるということを認識、調整させることが大切なので、逆に落としすぎないように心がけることが大切です。

 

朝晩たっぷりの泡で優しくぬるま湯洗顔する以外は皮脂を落とさないようにし、分泌量が多いわけですから乳液なども付けすぎないようにしましょう。