MENU

オロナインで手荒れは治せるの?使ってはいけない場合もあり!

「皮膚のトラブルには、オロナインを使えばいい。」

 

そんな風に考えていませんか?
確かに、皮膚トラブルにはオロナインというイメージがあります。

 

だからこそ、
「手荒れだから、オロナインを塗っておこう。」
とする人も多いです。

 

でも、オロナインであなたの手荒れは治りましたか?

 

期待していたほどの効果を感じなかった人がほとんどではないでしょうか?

 

もちろん、全く効果がないというわけではありません。

 

乾燥が原因の手荒れであれば、オロナインを使い効果は期待できるかもしれません。

 

オロナインで、保湿をすることで手荒れを軽減することにつながります。
しかし、オロナインは保湿力はそこまで高くはありません。

 

オロナインは、保湿が目的ではないため、そこまで保湿力を高くはしていないのでしょう。

 

手荒れには、ワセリンが効果ありとの噂も聞きますよね。
乾燥肌対策に、ワセリンを使っている人もいるのではないでしょうか。

 

オロナインには、ワセリンが配合されています。
ですから、ワセリンのみを塗るよりも効果はあるかもしれません。

 

また、油分も配合されています。
油分は、保湿効果というよりも、肌の水分を外へ逃さないようにする働きがあります。

 

肌にフタをするイメージです。

 

 

オロナインを手荒れに使ってはいけない場合

 

オロナインは、皮膚の万能薬というイメージです。
でも、使ってはいけない症状もあるんです。

 

オロナインの説明書には、「湿疹、ただれ、かぶれ、虫刺されには使用しないこと。」と明記されています。

 

ただれの症状までおこしている手荒れの場合には、オロナインでケアをしてはいけません。

 

ひどい手荒れの場合は、炎症となり傷になっている場合もあります。
パックリ割れになっている人も多いでしょう。

 

傷口がジュクジュクしている場合は、オロナインは使用しないでくださいね。

 

炎症を起こしている場合は、皮膚科へ受診するのが一番です。

 

自宅で治したいのなら、キズパワーパッドを使ったり、他の市販薬を使いましょう。
自分の手荒れの状態が、どのようなものかを確認してから、オロナインを使うようにしてくださいね。

 

 

オロナインで手荒れに効果があるとすれば、保湿効果になります。
ただし、保湿力は高くはありません。

 

オロナインで手荒れをケアするというのは難しいと言えるでしょう。

 

もちろん、軽い手荒れの場合は効果もあります。
しかし、オロナインのみで手荒れを完治させるのは難しいと考えてください。

 

本気で手荒れを治したいのなら、別のケアも考えてもいいかもしれません。